awsの監視設計をする上で重要な考え方

awsを導入して運用を開始する段階になると適切な監視体制を整えることが重要だというのに気づくでしょう。しかし、どんな監視設計をすれば良いのかを見極めるのは決して容易ではありません。そもそも監視設計をする意味は何なのかというところに立ち返って考え、目的に適った監視を最適な形でおこなっていける設計をできるようになりましょう。

awsには複数アカウントを監視する機能などが豊富に揃っている

監視の最大の目標はシステムを安定稼働させること

awsは割り当てられたクラウドサーバー上で様々なアプリケーションを運用できる利便性の高いシステムとしてよく注目されるようになってきました。サーバーを運用する上では監視をするのが常識となっていますが、そもそも監視の目的は何なのかを正しく理解できているでしょうか。

監視をする目的はサーバー上で稼働しているシステムを安定的に稼働させられるようにすることです。そのためにどんな監視の仕方をすれば良いかを考えるのが監視設計であり、運用するサーバーや監視できる項目などに関する詳しい知識と運用のためのスキルが必要になります。

awsではAI技術とエンジニアによる人的なサポートの二つの力によってサーバー全体の適切な管理や最適化がおこなわれているのは確かです。しかし、基本的には割り当てられた領域の監視や管理はユーザーに任される仕組みになっています。

そのため、ユーザーが自ら監視して適切な対応を取っていくことがシステムを安定稼働させるためには欠かせません。この際に重要なのがawsの構成に合わせた監視設計をすることであり、設けられている制限や使用可能なサービスなどを考慮することで高い効果を発揮させられます。

監視の内容を明確にしておこう

監視設計をする上では大命題を達成するための監視内容を明確にすることが欠かせません。最も重要なのはaws上で運用する様々なアプリケーションが正常に稼働しているかどうかを簡単にチェックし、異常時には速やかに対処できるようにすることです。

監視設計をするときにはそれぞれのアプリケーションについての正常な状態、異常な状態を定義するところから始めなければなりません。そして、必要なメトリクスの取得をするモニタリングを設計し、自動復旧のためのプログラムも必要に応じて作り上げます。

さらに障害発生の原因を調べられるようにログを残し、適宜改良をするというのがアプリケーションの正常動作を維持するために重要なプロセスです。また、割り当てられたawsの領域上でリソースがどのように使われていてキャパシティが残されているかをチェックすることも重要です。

基本的にはリソースのログを記録して、将来的に必要とされるキャパシティを予測していき、障害や不具合の発生を未然に防ぐのが目的となります。それに付随してもう一つ必要な監視内容がユーザーの行動に関する分析です。

ログを記録していき、分析することにより将来対策をするという点ではキャパシティ監視と同じです。ただ、ユーザー行動は現場によってかなりトレンドに違いがあり、社内体制の変化による影響も受けることも念頭に置いて監視設計をすることが必要になります。

既存の監視設計を運用しても良いのか

このような目的に沿った監視設計をするのには熟練のエンジニアであっても膨大な労力と時間がかかるのは確かです。少しミスがあるだけで致命的な障害が発生してしまうリスクもあるため慎重に設計しなければなりません。

少しでも労力を削減しつつスムーズにawsを運用開始できるようにし、かつ抜け落ちのない監視体制を整えられるようにするには既存の監視設計を使えば良いのではないかと思う人もいるでしょう。今までサーバー監視ツールやサーバー監視サービスを利用していた場合には運用してきた監視設計があるはずです。

あるいは典型的なテンプレートを取得して運用することもできます。以前使用していた監視設計をそのまま使ったり、テンプレートを鵜呑みにして設計したりするのはリスクが高いので注意しましょう。awsのサーバーシステムは独自性の高いものに仕上がっているため、他のサーバーを運用していたときと同じ監視設計で十分だとは限らないからです。

AutoScalingのようにawsを運用する上で役に立つサービスがたくさん提供されていますが、その大半に対しては監視が必要になります。また、以前のサーバーにも独自性がある場合が多く、そのまま転用してしまうと無駄な監視をしなければならないこともあるでしょう。

aws用に作られたテンプレートを使用したとしても現場によって使うアプリケーションも利用する領域の大きさもユーザーの多様性や人数も異なっています。それに合わせて設計をしなければ意味をなさないのでテンプレートは参考にする程度のものだと考えるのが無難です。

awsの監視サービスを使うなら比較して決めよう

監視設計は最適化が欠かせない

監視設計は監視の効率を上げるために重要なものでテンプレートに従って簡単にできるものではありません。これがベストだという設計を最初に創出することができたとしても、運用してみると穴が見つかってしまうこともよくあります。

特にawsに独特の仕様に対して適切な監視設計をするのは大きな課題であり、未だにどの現場でも通用するような最適解はありません。awsのストレージサービスを利用するだけでも最初に考案した設計が不十分だったというケースもあります。

実際には運用をしながら最適化をしていくことが必要になるということは念頭に置いておきましょう。

監視設計はコンサルティングを受けよう

これからawsを導入して運用を開始するという段階の場合には社内の人材がawsの仕様についてあまり詳しくない場合が多いでしょう。ノウハウがない状況で作り上げた監視設計では運用を始めて間もなく破綻してしまい、メンテナンスが頻繁に発生してしまうリスクがあります。

awsの独特な仕様と現場での運用のあり方をうまく擦り合わせて適切な初期設計をできるようにするには、awsについて詳しい専門家にコンサルティングを申し込むのが安全策です。ユーザーの増加に伴ってawsに詳しい業者も多くなりました。

サーバー監視の外注サービスを請け負っているところもあれば、コンサルティングに特化しているところもあるので最終的な監視体制をどのように整えるかも考慮しつつ相談先を選びましょう。社内で監視できるようにするのであればエンジニアの力量に応じて相談先を選択することが重要になります。

社内エンジニアへのヒアリングと評価から始めて適切な業者を探すようにすると的を射たコンサルティングを受けられるようになるでしょう。